明治から平成の経済の怪物たちが心の支えとし決断の指針としたものは何か。創業者、実業家、経営者、資産家など明治から平成までの経済人物事典。
 
オリジナルネックストラップ製作。社員証・IDカード・携帯電話に
企業家人物辞典   お問い合わせ
  | 特集一覧 | 業種一覧 | 業界ピックアップ | 社長の出身地 | 社長の出身大学 |
 
歴代社長事典トップ > 輸送用機器 > 日産自動車
 
 
 
自動車大手10社
製薬大手9社
総合商社大手8社
総合通信大手3社
造船・重機大手6社
大手銀行6グループ
鉄鋼大手4社
電機大手11社
不動産大手7社
民放キー局5社
→業界ピックアップ一覧
 
携帯サイト
ケータイで左のQRコードを読み取りアクセスしてください。
 
日産自動車 【輸送用機器】
ブックマーク:Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip FC2 ニフティクリップ iza 
更新年月日 2010/02/13
正式社名 日産自動車(株)
略称 日産自動車
読み方 につさんじどうしや
グループ 日産グループ
業界ピックアップ 自動車大手10社
業種分類 輸送用機器
 
自動車メーカー国内2位、世界8位。ルノーと資本・業務提携
 
 
  氏名 就任 生年月日 出身地
かな 退任 没年月日 出身大学等
※備考
         
初代 鮎川 義介 1933/12就 1880/11/6生 山口県山口市
あゆかわ・よしすけ 1939/5退 1967/2/13没 東京大学(旧東京帝国大学)工科大学機械科
 
         
2代 村上 正輔 1939/5就 1878/9/17生 山口県
むらかみ・しょうすけ 1942/2退 1949/2/20没 京都大学(旧京都帝国大学)
 
         
3代 淺原 源七 1942/3就 1891/9/1生 大阪府大阪市
あさはら・げんしち 1944/9退 1970/8/23没 東京大学(旧東京帝国大学)大学院金相学専攻
 
         
4代 工藤 治人 1944/9就 1878/1生
くどう・はると 1945/6退 1963/10没 京都大学(旧京都帝国大学)機械工学科
 
         
5代 村山 威士 1945/6就
むらやま・たけし 1945/10退
 
         
6代 山本 惣治 1945/10就 1888/10/25生 新潟県
やまもと・そうじ 1947/5退 1962/4/21没 東京外国語大学(旧東京外国語学校)
 
         
7代 箕浦 多一 1947/5就
  1951/10退 旧制第一高等学校
 
         
8代 淺原 源七 1951/10就 1891/9/1生 大阪府
あさはら・げんしち 1957/11退 1970/8/23没 東京大学(旧東京帝国大学)大学院金相学専攻
 
         
9代 川又 克二 1957/11就 1905/3/1生 茨城県水戸市
  1973/11退 1986/3/29没 一橋大学(旧東京商科大学)
 
         
10代 岩越 忠恕 1973/11就 1906/7/4生 東京都
いわこし・ただひろ 1977/6退 1981/3/19没
 
         
11代 石原 俊 1977/6就 1912/3/3生 東京都千代田区麹町
いしはら・たかし 1985/6退 2003/12/31没 東北大学(旧東北帝国大学)法文学部法科
 
         
12代 久米 豊 1985/6就 1921/5/20生 東京都
くめ・ゆたか 1992/6退 東京大学第二工学部
 
         
13代 辻 義文 1992/6就 1928/2/6生 香川県高松市
つじ・よしふみ 1996/6退 2007/2/11没 東京大学工学部精密機械工学科
 
         
14代 塙 義一 1996/6就 1934/3/16生 東京都
はなわ・よしかず 2000/6退 東京大学経済学部
 
         
15代 カルロス ゴーン 2000/6就 1954/3/9生 ブラジル
かるろす・ごーん パリ国立高等鉱業学校(仏)工学部
 
 
 
昭和8年12月「日本産業梶vと「戸畑鋳物梶vの共同出資により、「自動車製造梶vとして資本金10百万円をもって、横浜市神奈川区宝町に設立
昭和9年6月社名を「日産自動車梶vと改称
昭和19年9月社名を「日産重工業梶vと改称
昭和24年8月社名を「日産自動車梶vに復帰
昭和26年1月東京証券取引所上場
昭和41年8月「プリンス自動車工業梶vと合併
平成11年3月フランス「ルノー」と資本参加を含む自動車事業全般にわたる提携契約締結
 
昭和8年12月「日本産業梶vと「戸畑鋳物梶vの共同出資により、「自動車製造梶vとして資本金10百万円をもって、横浜市神奈川区宝町に設立
〃9年5月横浜工場完成
〃9年6月社名を「日産自動車梶vと改称
〃10年4月横浜工場で一貫生産による第一号車オフライン
〃18年8月富士工場(旧:吉原工場)完成
〃19年9月社名を「日産重工業梶vと改称、本社事務所を東京日本橋に移転
〃21年1月本社事務所を再び横浜市神奈川区宝町に移転
〃24年8月社名を「日産自動車梶vに復帰
〃26年1月東京証券取引所上場
〃26年5月「新日国工業梶v(現、「日産車体梶v・連結子会社)に資本参加
〃33年5月乗用車の対米輸出開始
〃35年9月「米国日産自動車会社」設立
〃36年9月メキシコ、メキシコ市に「丸紅飯田梶v(現、「丸紅梶vとの合弁会社「メキシコ日産自動車会社」を設立(現、連結子会社)
〃37年3月追浜工場完成
〃40年3月「愛知機械工業梶vに資本参加(現、連結子会社)
〃40年5月座間工場完成
〃41年8月「プリンス自動車工業梶vと合併、これに伴い村山工場等が当社に帰属
〃42年7月本牧埠頭(輸出専用基地)完成
〃43年1月本社事務所、東京銀座の新社屋に移転
〃45年3月マリーン事業に進出
〃46年3月栃木工場完成
〃48年10月相模原部品センター完成
〃52年6月九州工場完成
〃55年1月スペイン「モトール・イベリカ会社」(現、「日産モトール・イベリカ会社」・連結子会社)に資本参加
〃55年7月「米国日産自動車製造会社」設立
〃56年11月厚木市にテクニカルセンター完成
〃56年11月「米国日産販売金融会社」設立(現、連結子会社)
〃58年1月日産自動車整備専門学校開校
〃59年2月「英国日産自動車製造会社」設立(現、連結子会社)
〃59年11月追浜専用埠頭完成
平成元年4月「欧州日産会社」設立
〃2年1月(旧)「北米日産会社」設立
〃6年1月いわき工場完成
〃6年4月北米事業組織を再編し、「北米日産会社」を新規設立(現、連結子会社)
〃7年3月座間工場車両生産中止
〃10年12月「北米日産会社」、「米国日産自動車会社」を合併
〃11年3月フランス「ルノー」と資本参加を含む自動車事業全般にわたる提携契約締結
〃11年7月富士工場関係の営業を「トランステクノロジー梶vへ譲渡。同社は、同年に「ジャトコ梶vと合併し、「ジヤトコ・トランステクノロジー梶v(現、「ジヤトコ梶v・連結子会社)と社名変更
〃12年4月「北米日産会社」、「米国日産自動車製造会社」を統合
〃12年7月宇宙航空事業部の営業を「潟Aイ・エイチ・アイ・エアロスペース」に譲渡
〃13年3月村山工場車両生産中止
〃14年3月ルノーが当社株式保有比率を44.4%に引き上げ
〃14年3月日産ファイナンス(現、連結子会社)を通じてルノーへ出資
〃14年3月ルノーとの共同運営会社「ルノー・日産会社」設立
〃14年8月欧州事業再編の為、欧州日産自動車会社を設立(現、連結子会社)
〃15年3月欧州日産会社を清算
〃15年5月米国ミシシッピー州にキャントン工場完成
〃15年7月東風汽車有限公司事業開始
〃20年1月日産インターナショナル社、欧州地域の生産・販売等の統括業務開始
 

追加又は誤謬の指摘フォーム
お名前
メール
ページのURL
情報の追加  誤謬の指摘  問い合わせ
追加したい事項、あるいは間違いを発見されました場合は、上記のフォームでご報告ください。 ご報告頂きました内容は参考とさせて頂きます。
※ここで、ご報告頂きました内容が実際にページに反映するとは限りません。

 
日産自動車 東京日産自動車販売 カルソニックカンセイ 愛知機械工業 東日カーライフグループ 日産車体 鬼怒川ゴム工業
 
富士重工業 三菱自動車 いすゞ自動車 日産自動車 ダイハツ工業 トヨタ自動車 マツダ ホンダ 日野自動車 スズキ
 
富士重工業 いすゞ自動車 三菱自動車 豊田自動織機 三井造船 日産自動車 ダイハツ工業 アイシン精機 ヤマハ発動機 トヨタ自動車 川崎重工業 マツダ シマノ ホンダ トヨタ車体 日野自動車 デンソー 関東自動車工業 ショーワ トヨタ紡織 テイ・エス テック UDトラックス 三菱航空機 豊田合成 エイケン工業 カルソニックカンセイ 東海理化 愛三工業 トピー工業 KYB シロキ工業 日信工業 スズキ 武蔵精密工業 佐世保重工業 タカタ 日本車輌製造 タツミ 名村造船所 川崎造船 大同メタル工業 今仙電機製作所 尾張精機 曙ブレーキ工業 タチエス 日産車体 エフ・シー・シー TBK ニッキ NOK
 
 
 
 
 
特集
日本銀行 | 日本経団連 | 経団連 | 日経連 | 経済同友会 | 日本商工会議所 |
三井財閥 | 三菱財閥 | 住友財閥 | 安田財閥 | 浅野財閥 | 古河財閥 | 大倉財閥 | 日産コンツェルン | 中島財閥 | 野村財閥 | 渋沢財閥 | 神戸川崎財閥 | 理研コンツェルン | 日窒コンツェルン | 日曹コンツェルン |
 
業種から探す
水産・農林 | 鉱業 | 建設業 | 食料品 | 繊維製品 | パルプ・紙 | 化学 | 医薬品 | 石油・石炭製品 | ゴム製品 | ガラス土石 | 鉄鋼 | 非鉄金属 | 金属製品 | 機械 | 電気機器 | 輸送用機器 | 精密機器 | その他製品 | 電気・ガス | 陸運 | 海運 | 空運 | 倉庫・運輸 | 情報・通信 | 卸売業 | 小売業 | 銀行業 | 証券・先物 | 保険業 | その他金融 | 不動産業 | サービス業 | 経済団体等 | 財閥
アクセスランキング
東芝
三菱電機
みずほ銀行
全日空
日本触媒
三菱重工業
大成建設
大和ハウス工業
不二越
ハザマ
 
グループから探す
J.フロントリテイリンググループ | JFEグループ | JRグループ | NECグループ | NTTグループ | SBIグループ | T&Dホールディングスグループ | みずほグループ | アサヒビールグループ | アルフレッサグループ | イオングループ | オリックスグループ | キヤノングループ | キリングループ | サッポログループ | サントリーグループ | セブン&アイグループ | ソニーグループ | トヨタグループ | バンダイナムコグループ | パナソニックグループ | フジサンケイグループ | ホンダグループ | 伊藤忠グループ | 王子製紙グループ | 角川グループ | 兼松グループ | 三井住友フィナンシャルグループ | 三井住友海上グループ | 三越伊勢丹グループ | 三菱UFJグループ | 三菱商事グループ | 三菱電機グループ | 森村グループ | 東急グループ | 東芝グループ | 読売グループ | 日経グループ | 日産グループ | 日本電産グループ | 日本郵政グループ | 日立グループ | 富士通グループ | 野村証券グループ
 
社長の出身地から探す
北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 | 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井 | 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 | 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 | 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 | 福岡 | 大分 | 長崎 | 佐賀 | 熊本 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 | アメリカ | イギリス | オーストラリア | オランダ | カナダ | コロンビア | シンガポール | スコットランド | ドイツ | ニュージーランド | ハンガリー | フィリピン | ブラジル | フランス | ベルギー | 台湾 | 中国 | 韓国 |
 
社長の出身大学から探す
東京大学
慶應義塾大学
早稲田大学
京都大学
一橋大学
神戸大学
東北大学
中央大学
九州大学
大阪大学
同志社大学
明治大学
北海道大学
名古屋大学
東京工業大学
関西学院大学
日本大学
青山学院大学
関西大学
東海大学
  大学一覧を見る
   
 
ご意見をお聞かせください
 
     

この情報は情報の提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供元は一切責任を負いかねます。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

| 歴代社長事典トップ | 特集一覧 | 業種一覧 | 業界ピックアップ | 社長の出身地 | 社長の出身大学 |
Copyright(C) 1998-2009 歴代社長事典製作委員会 . All Rights Reserved