明治から平成の経済の怪物たちが心の支えとし決断の指針としたものは何か。創業者、実業家、経営者、資産家など明治から平成までの経済人物事典。
 
オリジナルネックストラップ製作。社員証・IDカード・携帯電話に
企業家人物辞典   お問い合わせ
  | 特集一覧 | 業種一覧 | 業界ピックアップ | 社長の出身地 | 社長の出身大学 |
 
歴代社長事典トップ > サービス業 > トランス・コスモス
 
 
 
自動車大手10社
製薬大手9社
総合商社大手8社
総合通信大手3社
造船・重機大手6社
大手銀行6グループ
鉄鋼大手4社
電機大手11社
不動産大手7社
民放キー局5社
→業界ピックアップ一覧
 
携帯サイト
ケータイで左のQRコードを読み取りアクセスしてください。
 
トランス・コスモス 【サービス業】
ブックマーク:Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip FC2 ニフティクリップ iza 
更新年月日 2009/10/23
正式社名 トランス・コスモス(株)
略称 トランス・コスモス
読み方 とらんすこすもす
業種分類 サービス業
 
独立系情報処理サービス大手。コールセンター、テレマーケティング大手
 
 
  氏名 就任 生年月日 出身地
かな 退任 没年月日 出身大学等
※備考
         
奥田 耕己 1985/6就 1937/1/9生
おくだ・まさたか 1998/6退 和歌山大学中退
 
         
船津 康次 2002/9就 1952/3/18生 兵庫県
ふなつ・こうじ 2003/6退 北海道大学文学部
 
         
奥田 昌孝 2003/6就 1967/3/29生 大阪府
おくだ・まさたか 近畿大学工学部中退
 
 
 
昭和41年6月前身の丸栄計算センター株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金1,000千円)設立
昭和60年6月情報サービス産業における総合的かつ複合的サービスの提供を目的として、トランス・コスモス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金300,000千円)を設立
昭和60年10月丸栄計算センター株式会社から営業の譲受けを開始。
昭和62年10月丸栄計算センター株式会社からの営業の譲受けを完了。
平成元年10月社団法人日本証券業協会に、株式を店頭売買銘柄として登録。
平成4年10月東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成9年9月東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
 
当社の創業は、昭和41年6月、丸栄計算センター株式会社(大阪府大阪市北区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金1,000千円)の設立にさかのぼります。同社は、当時日本経済の安定成長と急速に拡大するコンピュータリゼーションの中で、データエントリー専門会社として設立され、その後昭和51年9月、東京に進出し、また、札幌から福岡に至る全国展開を行いながら、専門特化した情報サービスを提供する株式会社マリテツク、和歌山丸栄計算センター株式会社、ジャスネット株式会社等とグループを構成し、順調に業績を進展させてまいりました。
それら丸栄計算センター株式会社を中心とするグループの歴史と業績を背景に、昭和60年6月、情報サービス産業における総合的かつ複合的サービスの提供を目的として、トランス・コスモス株式会社(東京都港区、代表取締役社長 奥田耕己、資本金300,000千円)を設立し、丸栄計算センター株式会社およびそのグループ各社を順次吸収統合しつつ、業容を拡大してまいりました。
その概要は次のとおりであります。

昭和60年6月東京都港区に資本金300,000千円で設立。(代表取締役社長 奥田 耕己)
昭和60年10月丸栄計算センター株式会社から営業の譲受けを開始。
昭和61年10月株式会社マリテツクおよびトランス・コスモス株式会社(旧 和歌山丸栄計算センター株式会社)を吸収合併。
昭和62年4月ジャスネット株式会社を吸収合併。
昭和62年10月丸栄計算センター株式会社からの営業の譲受けを完了。
昭和63年3月データエントリー専門会社のインプット・ステーション有限会社(平成元年3月テクノブーケ株式会社に組織変更)を買収。
昭和63年4月株式の額面金額を変更するため株式会社総合ソフトウエア研究所と合併。
平成元年6月株式会社関西丸栄計算センターを100%子会社化。
平成元年10月株式会社関西丸栄計算センターは、テクノブーケ株式会社を吸収合併し、同時にテクノブーケ株式会社に商号変更。
社団法人日本証券業協会に、株式を店頭売買銘柄として登録。
平成4年10月東京証券取引所市場第二部に株式を上場。
平成7年2月中国天津市に大宇宙信息創造(中国)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成9年5月米国Real Networks社、国際電信電話株式会社(現 KDDI株式会社)および株式会社エヌ・ティ・ティ・ピーシーコミュニケーションズとの合弁により、株式会社Jストリームを設立。(現 連結子会社)
平成9年9月東京証券取引所市場第一部銘柄に指定。
米国Double Click社、日本電信電話株式会社および株式会社エヌ・ティ・ティ・アドとの合弁により、ダブルクリック株式会社を設立。(現 連結子会社)
株式会社マックインターフェイス(現 応用技術株式会社)に資本参加。(現 連結子会社)
平成11年6月トランス・コスモスシー・アール・エム株式会社(現 トランスコスモスシー・アール・エム沖縄株式会社)設立。(現 連結子会社)
平成11年9月ネットレイティングス株式会社に資本参加。(現 関連会社)
平成12年2月株式会社リッスンジャパンに資本参加。(現 連結子会社)
平成12年3月日本テレビ放送網株式会社、株式会社讀売新聞社との合弁により、株式会社フォアキャスト・コミュニケーションズを設立。(現 関連会社)
平成13年4月ダブルクリック株式会社、ナスダック・ジャパン市場(現 大阪証券取引所ヘラクレス市場)に上場。(現 連結子会社)
平成13年5月韓国DACOM社との合弁により、CIC Korea, Inc.を韓国に設立。(現 連結子会社)
平成13年9月株式会社Jストリーム、東京証券取引所マザーズ市場に上場。(現 連結子会社)
平成13年11月トランスコスモスシー・アール・エム宮崎株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成13年12月大宇宙信息創造(中国)有限公司、ISO9001認証を取得。(現 連結子会社)
〔企業向けビジネスソフトウエアの設計、開発および関連サービス〕
平成14年12月トランスコスモスシー・アール・エム和歌山株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成15年1月ヘルプデスク協会 オフィシャル・トレーニングパートナー契約取得。
平成15年2月財団法人日本情報処理開発協会認定プライバシーマーク取得。
ISO9001の認証取得。
[・東日本におけるCAD機械設計支援サービス、およびシステム開発・運用サービスを提供するエンジニアの管理業務・顧客要求事項に基づくソフトウエアの設計・開発、保守]
平成15年10月本店所在地を東京都渋谷区に移転。
平成16年2月応用技術株式会社(ジャスダック証券取引所上場会社)に資本参加。(現 連結子会社)
平成16年7月沖縄県那覇市にマーケティングチェーンマネジメントセンター那覇壷川を開設。
平成16年8月大阪市北区にマーケティングチェーンマネジメントセンター大阪を開設。
平成17年2月大宇宙信息系統(上海)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成17年7月大宇宙営鏈創信息咨詢(上海)有限公司を設立。(現 連結子会社)
平成17年9月米国Become社との合弁により、ビカム株式会社を設立。(現 連結子会社)
平成17年12月韓国でデジタルマーケティング事業を展開している9Fruitsmedia, Inc.に資本参加。(現 関連会社)
平成18年4月沖縄県那覇市にマーケティングチェーンマネジメントセンター那覇を開設。
平成18年7月仙台市にマーケティングチェーンマネジメントセンター仙台を開設。
平成18年10月横浜市にマーケティングチェーンマネジメントセンター横浜を開設。
平成19年3月韓国でオンラインゲームの開発、運営を展開しているTong Yang Online Co., Ltd.に資本参加。(現 関連会社)
平成19年10月多摩市にマーケティングチェーンマネジメントセンター多摩を開設。
平成20年10月熊本市にBPO熊本テクニカルセンターを開設。

(注) 当社(トランス・コスモス株式会社、実質上の存続会社)は、昭和63年4月に株式の額面金額を変更するために、株式会社総合ソフトウエア研究所(形式上の存続会社)と合併し、現在に至っております。

(参考) 形式上の存続会社である株式会社総合ソフトウエア研究所の沿革は次のとおりであります。
昭和53年11月東京都港区に株式会社インプット研究所を資本金5,000千円で設立。
昭和60年5月商号を株式会社総合ソフトウエア研究所に変更。
昭和62年10月新たに設立した株式会社総合ソフトウエア研究所(東京都渋谷区)に営業の全部を譲渡。
 

追加又は誤謬の指摘フォーム
お名前
メール
ページのURL
情報の追加  誤謬の指摘  問い合わせ
追加したい事項、あるいは間違いを発見されました場合は、上記のフォームでご報告ください。 ご報告頂きました内容は参考とさせて頂きます。
※ここで、ご報告頂きました内容が実際にページに反映するとは限りません。

 
セコム ダスキン 綜合警備保障 アルゴ21 トランス・コスモス オメガプロジェクト・ホールディングス 帝国ホテル 三菱電機エンジニアリング 電通 KNT セントケア・ホールディング 伊藤忠アーバンコミュニティ イオンファンタジー ベネッセコーポレーション エル・シー・エーホールディングス ビクターエンタテインメント フルキャストホールディングス 丹青社 CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ) オリエンタルランド NECフィールディング JTB西日本 ジェイエイシーリクルートメント みずほフィナンシャルストラテジー ソニーグローバルソリューションズ ACKグループ ラ・パルレ 楽天 バンダイナムコゲームス ビーアイジーグループ 日本医療事務センター カカクコム 博報堂DYホールディングス 白洋舎 日本原燃 シダックス パソナグループ トムソン・ロイター・マーケッツ HIS オリエンタルコンサルタンツ ぐるなび 東急観光 メディサイエンスプラニング ベルシステム24 郵便局 ラディアホールディングス オリックス・レンテック 神戸新聞社 e−まちタウン 格付投資情報センター
 
 
 
 
 
特集
日本銀行 | 日本経団連 | 経団連 | 日経連 | 経済同友会 | 日本商工会議所 |
三井財閥 | 三菱財閥 | 住友財閥 | 安田財閥 | 浅野財閥 | 古河財閥 | 大倉財閥 | 日産コンツェルン | 中島財閥 | 野村財閥 | 渋沢財閥 | 神戸川崎財閥 | 理研コンツェルン | 日窒コンツェルン | 日曹コンツェルン |
 
業種から探す
水産・農林 | 鉱業 | 建設業 | 食料品 | 繊維製品 | パルプ・紙 | 化学 | 医薬品 | 石油・石炭製品 | ゴム製品 | ガラス土石 | 鉄鋼 | 非鉄金属 | 金属製品 | 機械 | 電気機器 | 輸送用機器 | 精密機器 | その他製品 | 電気・ガス | 陸運 | 海運 | 空運 | 倉庫・運輸 | 情報・通信 | 卸売業 | 小売業 | 銀行業 | 証券・先物 | 保険業 | その他金融 | 不動産業 | サービス業 | 経済団体等 | 財閥
アクセスランキング
ドン・キホーテ
東芝
豊田自動織機
ロイヤルホールディングス
関西電力
三菱商事
三菱重工業
富士通
大和ハウス工業
三菱電機
 
グループから探す
J.フロントリテイリンググループ | JFEグループ | JRグループ | NECグループ | NTTグループ | SBIグループ | T&Dホールディングスグループ | みずほグループ | アサヒビールグループ | アルフレッサグループ | イオングループ | オリックスグループ | キヤノングループ | キリングループ | サッポログループ | サントリーグループ | セブン&アイグループ | ソニーグループ | トヨタグループ | バンダイナムコグループ | パナソニックグループ | フジサンケイグループ | ホンダグループ | 伊藤忠グループ | 王子製紙グループ | 角川グループ | 兼松グループ | 三井住友フィナンシャルグループ | 三井住友海上グループ | 三越伊勢丹グループ | 三菱UFJグループ | 三菱商事グループ | 三菱電機グループ | 森村グループ | 東急グループ | 東芝グループ | 読売グループ | 日経グループ | 日産グループ | 日本電産グループ | 日本郵政グループ | 日立グループ | 富士通グループ | 野村証券グループ
 
社長の出身地から探す
北海道 | 青森 | 岩手 | 宮城 | 秋田 | 山形 | 福島 | 東京 | 神奈川 | 埼玉 | 千葉 | 茨城 | 栃木 | 群馬 | 山梨 | 新潟 | 長野 | 富山 | 石川 | 福井 | 愛知 | 岐阜 | 静岡 | 三重 | 大阪 | 兵庫 | 京都 | 滋賀 | 奈良 | 和歌山 | 鳥取 | 島根 | 岡山 | 広島 | 山口 | 徳島 | 香川 | 愛媛 | 高知 | 福岡 | 大分 | 長崎 | 佐賀 | 熊本 | 宮崎 | 鹿児島 | 沖縄 | アメリカ | イギリス | オーストラリア | オランダ | カナダ | コロンビア | シンガポール | スコットランド | ドイツ | ニュージーランド | ハンガリー | フィリピン | ブラジル | フランス | ベルギー | 台湾 | 中国 | 韓国 |
 
社長の出身大学から探す
東京大学
慶應義塾大学
早稲田大学
京都大学
一橋大学
神戸大学
東北大学
中央大学
九州大学
大阪大学
同志社大学
明治大学
北海道大学
名古屋大学
東京工業大学
関西学院大学
日本大学
青山学院大学
関西大学
東海大学
  大学一覧を見る
   
 
ご意見をお聞かせください
 
     

この情報は情報の提供のみを目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
本情報の正確性には万全を期しておりますが、情報は変更になる場合があります。 また、第三者による人為的改ざん、機器の誤作動などの理由により本情報に誤りが生じる可能性があります。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイトおよび情報提供元は一切責任を負いかねます。本情報の転用、複製、販売等の一切を固く禁じております。

| 歴代社長事典トップ | 特集一覧 | 業種一覧 | 業界ピックアップ | 社長の出身地 | 社長の出身大学 |
Copyright(C) 1998-2009 歴代社長事典製作委員会 . All Rights Reserved